安全に過ごす為に身を守る対策をしっかり考えよう

PICK UP

  • 進化しているドア

    ドアを開閉するとき、必要になってくるのがドアノブです。手を使って開閉するのが普通ですが、最近ではスマートフォンといったもので遠隔操作をして鍵を開け、自動にドアを開けるタイプがあります。

  • 用途で変える

    設置するだけでも防犯効果が期待できる防犯カメラ。設置をするのであれば用途に合わせて種類を変えましょう。相手への威嚇として効果がもてるたり、こっそりと犯罪している姿を録画したりできます。

  • 解決にかかる費用

    鍵を紛失してしまったり、壊れてしまったりといったトラブルは業者へ依頼することで解決できます。鍵の作成の場合だと約1万5千円で作ってもらえ、交換であれば約1万円で行なってもらえます。

防犯の為に

防犯設備士が応えてくれます。防犯カメラの設置に関して知りたい情報がある時は、気軽に電話で問い合わせを行なうようにしましょう。

建物や人を守ってくれるということで、大切な存在となっています。警備会社は短時間の依頼も可能になっているので、気軽に利用が出来ます。

一人暮らしでも家族と生活してても

高校生だと、卒業して遠くの大学へ入学が決まると、一人暮らしを始める人が多いでしょう。大学に学生寮があるところもありますが、自分で賃貸物件を探すという場合もあります。その際は、防犯の面がしっかりしているか確認しておきましょう。特に気をつけるべき点は、ドアノブや防犯カメラ、鍵です。物件を見つけたらまずは、ドアノブ交換をすると良いでしょう。物件によっては、長年交換がされていないとドアノブが回らないことがあります。鍵が入らなくなることもあるので交換しておく必要があります。また、古いタイプのドアノブだと鍵が開けられてしまう可能性もあり、防犯対策としての機能が落ちてしまいます。

最新技術を取り入れた鍵

鍵交換も防犯対策を行なう上で大切です。一度交換を行っておくことで、誰かに開けられるのを事前に防ぐことができます。最近では、防犯意識を持つ家庭も増え、家族を守るために鍵交換を行なう家庭が増えています。最新技術が取り入れられた鍵も登場しており、電子錠を導入しているところも多いです。鍵を紛失してしまうという心配もないので、安心して使用できるでしょう。

映像として残す

防犯対策として一番知られているのが防犯カメラでしょう。どのような人が住宅の周辺にいるのかなどが確認することができます。抑止力ともなるので、子供がいる家庭も安心して生活ができます。住民同士のマナーにも大きなメリットとなります。住民同士のトラブルとなる前に、マナーを守っていない人に注意することが可能です。